アクセス解析
BONAPPETIT 横浜 中華街 同發


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜 中華街 同發

今日は大船に用が。

行き方は市川駅から総武快速&横須賀直通で行くのがスマート。
しかし、天気も良いしということでバイクで行くことに。
途中経由地として中華街へ。

市川から一般道だといろいろ行き方があるが、
湾岸からお台場レインボーブリッジを渡り、五反田経由で国道1号へ。

東海道(国道15号)は大森から道幅狭く路上駐車も多い。
川崎や鶴見の繁華街を通り、信号も多い。

昨日のルートは
家~関内~大船~関内~妻実家~家 だが、
電 車:4,240円(2,120円/1人)
バイク: 646円(140円/リットル)
差額3,594円
(車体費、保険等もあるが)バイクって本当にお金節約に役立ちます。


中華街 日本の中華街もメインストリートだけならとても綺麗だね。


今回は下調べもなく、メインストリートで適当な店へ
ということで、同發本館
しっかし高いねぇ。

メインストリートの店の中でもまた高い方なのじゃないだろうか?
飯類か麺類しか安めのものが無い。
単なる青菜炒めでも2000円近くする。
一品2000円強がデフォルトな感じに受け取った。

日頃チープな食生活を送っている我々には驚愕の価格表だった。
私は炒飯に。
炒飯840円で安いが、めちゃ美味。
私ではこれだけ美味しい炒飯は作れない。
やはり高級店て違うのね。
妻の海老ソバ
贅沢に海老てんこ盛りです。
一味足りない感じ。お酢をかけると丁度良い。
腸詰が食べたかったのだが、妻に押し切られ焼豚に。
1800円程度して、脂多めなのだが、これがまた美味い。
左に添えられているナッツと葱、コリアンダーと一緒に食べるとまた美味い

最近食べた焼豚の中では断トツに味も値段も断トツだ。

会計を終え歩いていた妻が買ったのが、
黒タピオカ入りマンゴージュース
この大きなタピオカの入ったジュースが流行って随分経つ。
値段は350円。まぁまぁ美味しい。

芝麻球があるね。100円。
シンガポールなら40円ぐらいだろう。


せっかく中華街に来たのだから、
ここでしかできない食材調達を。
中身が2倍、美味しさ3倍
ブタまんの江戸清
もうここでは13年程ブタまんを買っている
私の中では珍しい馬鹿の一つ覚え。

ブタまんを買うなら必ずここへ、
中華街へ来たら必ずここへ。

数度評判を調べて他の店のものも食べたが、
ここのが個人的に一番好き。
食材屋さんの源豊行
中華街へ来るとここへも毎度来ています。
店頭では瓶出し紹興酒の量り売りを行っている。

ここで買っているものは
紹興酒、オイスターソース、豆鼓醤、豆板醤etc
花椒、ピータン(皮蛋)

今回は花椒と皮蛋。
まず花椒(ホワジャオ)、
中華料理で良く目にする麻辣(マーラー)
麻は痺れで花椒、辣は唐辛子であるが、
これが入ってなかったら私は麻婆豆腐と呼ばせない
これが入ってなかったら私は坦々麺と呼ばせない
これが入ってなかったら私は酢辣湯麺と呼ばせない

花椒は実は買ったばかりなのだが、
臭い、痺れともに強烈なものが入ったと聞いては、
買わずにいられない。

封を開けると通常よりかなり強い花椒の香りがする。
後で一粒咬んでみたが、凄過ぎっ!!!!
舌の感覚が無くなるほど、ジンジンと痺れる。
これは強烈だぞ。


そしてアヒルの卵を発酵させたピータン(皮蛋)
皮蛋は毎度買っているのだけど、今回の目的には
「シンガポールで毎日食べている」の中で、
皮蛋粥 が出てきて、
そのコメント見ていたら涎が・・・で、自分で作ってみようと思った。
(行列の出来る店、お粥の謝甜記でも788円で出している)
が、買った量(5個315円)が少なくて、帰りに妻の実家に寄った際、
粥にする前に、皆で葱と辣油をかけて、全て食べてしまった・・・
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motoyawata.blog62.fc2.com/tb.php/64-e3858b81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東海道東海道(とうかいどう、うみつみち)五畿七道の一つで、本州太平洋側の中部を指す行政区分。五畿七道の東海道を通る幹線道路。#律令制|律令時代に整備されたもの。#江戸時代に整備されたもの。五街道の一つ。----.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotat

  • 2007/08/01(水) 15:59:36 |
  • 街-NAVI

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。