アクセス解析
BONAPPETIT Goong Pad Nam Makham Piek ※タイ風エビチリ


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Goong Pad Nam Makham Piek ※タイ風エビチリ

Goong Pad Nam Makham Piek ※タイ風エビチリ




月曜夕飯の追加です。
珍しく妻の料理を掲載です。

月曜の夕飯は昨日紹介したGai Sai Takraiとあわせ、
米粉 + Gai Sai Takrai + Goong Pad Nam Makham Piek
でした。


手荒れがひどい私は海老の処理なんかができません・・・

なので、を基に、作ってもらいました。


フライドオニオンは買い置きがあるので、それを使用。
フライドガーリックもあると便利そうですね。
妻はやや焦がしてしまったし。

タマリンドをお湯で戻し、マッシュして使いましたが、
やはりタマリンドペーストなんかの方が少量の場合よさそうです。


実際食べてみて・・・

手間のかかる物を作らせてしまってなんですが、
干焼明蛯(ガンシャオミンシャ)の方が私は好みでした。

干焼明蛯とは四川料理で、激辛エビ炒めです。

エビチリは陳建民(陳健一のお父さん)がこれを真似て作ったものです。

来日してお店を開くにあたり、日本用のメニューを考えていて、
当時豆板醤が手に入らなく、また、日本人が辛い物に慣れていないため、
代用でトマトを入れたエビチリを考案したのだそうな。

※間違いがあればご指摘を。

    Goong Pad Nam Makham PiekIngredients 2人分
  • 砂糖 大1
  • チキンスープ 小1
  • チリパウダー 小1
  • ケチャッブ 大1
  • タマリンドジュース 少々
  • サラダ油 大4
  • エビ 1パック
  • ニンニク 2片
  • 玉葱 1/2個 微塵切り
  • フライドオニオン 少々


    Goong Pad Nam Makham PiekMethod
  1. 以下をあわせておく
    砂糖・チキンスープ・ケチャップ・タマリンドジュース・唐辛子
  2. 油をひいたフライパンで背ワタを抜いたエビを炒めて置いておく
  3. フライドガーリックを作り、置いておく
  4. 玉葱を炒める
  5. 1を加えて2も加える
  6. 更に盛り、3とフライドオニオンを載せる
スポンサーサイト

テーマ:アジアンエスニック - ジャンル:グルメ

コメント

おっとこまえの奥様のお料理ですね!
タマリンドを使用するところが、タイ風なのかな。
私も、甘酸っぱいエビチリより、激辛炒めに1票!
でも奥様は、あんまり辛いのは苦手なんですよね。
せっかく作って下さった奥様にも1票!!

  • 2007/04/26(木) 11:46:16 |
  • URL |
  • ひ~ #5JMQ4X56
  • [ 編集 ]

to ひ~様

そうですね、タマリンド使うのがポイントでしょうね。
一応、ある程度まで辛くても金土はOKみたいなんですけどね。

  • 2007/04/26(木) 11:59:50 |
  • URL |
  • Glutton #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motoyawata.blog62.fc2.com/tb.php/226-86f60b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。