アクセス解析
BONAPPETIT 押上 まるい


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押上 まるい

肉々day3軒目
押上 まるい

酎ハイ350円

糠漬け400円

孔子レバ刺650円


以前来た時はさほどでもなかったが、久々に来たこの店は噂通り大混雑だ。


酎ハイはロックアイスに酎ハイの素を入れ、炭酸が1本別に出される。
炭酸は地元吾妻のアズマ炭酸だ。
中身だけのお替りができるので、炭酸1本で2杯飲める。


糠漬けはこの店のお勧めだ。
初夏にはトマトの糠漬けが出される。
今日はカブとキュウリ。よーく漬かったのを頼んだ。


レバ刺もここの名物。
孔牛と親から選べる。そして、馬のレバ刺も置いている。
孔牛はさっぱり、親は濃厚な味だ。
孔牛はお乳しか飲んでいないので肝臓も雑味がないのだ。
角が立っていて、とても新鮮。
そして分厚い。これだけのレバ刺は他ではなかなか食べられない。
スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

コメント

アズマタンサン???i-230 初めて見ました。 写真を見ながら、何だろコレ?って思っていました。 地場産の炭酸水とは、粋ですねぇ~♪

乳飲み仔牛のレバ-とは恐れ入りました。i-238 コレは余程しっかりしたルートを持っていないと、安定して手に入れるのは難しそうですね。 馬のレバーも相当レアだと思います。 馬喰する会津若松でも、馬レバーは限られたお店だけの特権ですもん。

あぁ、そう言えば今週イタ飯屋で、蝦夷鹿のレバーをグリルでご馳走になりました。 これは初めてでしたが、レモンをギッチリ搾り掛けて食べると、濃醇な赤ワインが欲しくなりました。i-229 ランチだからダメダメでしたけど…

  • 2007/01/20(土) 19:58:54 |
  • URL |
  • 無芸大食 #KVUpfCRI
  • [ 編集 ]

to 無芸大食様

東京下町は焼酎ハイボール(元祖チュウハイ)発祥の地、
地元の炭酸メーカーが沢山あるんですよね。

我が家ではニホンシトロンという地元松戸市の気泡が粗めで強烈な強さの業務用炭酸を買っています。アズマ炭酸は主に浅草地域で飲まれています。

レバ刺、驚くのはこの価格で、東京の焼肉店なら親レバ刺の鮮度が落ちるタイプで、
1000円程度が相場ですから、半値近い価格でここは提供してくれています。

馬と言えば九州は知っていましたが、会津が馬を食べる地域とは知りませんでした。
暖かくなったら(GWぐらい)会津までぜひ馬を食べに行きます。

鹿のレバはまだ食べた事ないです。羨ましい(涎)
今はジビエの季節なので、楽しみがいっぱいです。

  • 2007/01/21(日) 12:02:07 |
  • URL |
  • Glutton #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://motoyawata.blog62.fc2.com/tb.php/158-5c959c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。