アクセス解析
BONAPPETIT 2006年07月


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本八幡 ビストロ シェ・モア

昼食の楽山での四川料理を食べ、
引き続き夜は本八幡でどうするか迷っていたところ、
久々にビストロ シェ・モアに行ってみようということになった。

ビストロ シェ・モア
千葉県市川市八幡3-26-3-101
047-323-3311
水・第3木定休


zensai
soup
sakana
niku
前菜
豚レバのテリーヌ。豚レバだけに臭みが少なく食べ易い
スープ
300円upのビシソワーズ。標準だとコーンポタージュでした。ビシソワーズ大好きなんですよね。
魚料理
変わった魚の名だったんだけど、失念・・・下にご飯が敷いてある
肉料理
見栄えとして魚とかぶる。

前菜、肉、魚、デザート共に選択肢は無い。
4200円+300円=4500円でした。(+お酒代)
ビストロだけに若干安めの設定

秋葉原~本八幡間はそもそもフレンチが乏しいが、
中でもきちんと正装して食事に行くような店が乏しく、
そのような際はいつも平井のレストランコバヤシに行く。

こちらは5800円~となっていて、さほど料金に差が無い(しかし、チョイスしていくとオプション料金ですぐ1万近くになってしまう)ので、できればこちらを選択したいのだが、これからの夏、
  • 遊び帰りでTシャツにGパン
  • どうしても平井まで行く体力・時間がない
  • コバヤシ程のお金は出せない

そんな時にはこの店を活用するのも有りかな。
今日は1番目と2番目に該当

久々に肉(魚も)を食べた。
野菜続きの日々ゆえ、相方も少しは鬱憤晴らせただろう。
スポンサーサイト

北国分 中国料理 楽山

本八幡にも中華料理の店は数多くあるが、
本場四川料理を売りにしている店にまだ出会えていない。

市川市や周辺の江戸川区で四川料理を検索してみた。
意外や四川をメインにしている店が少ないようで、
北国分の楽山に行ってみることにした。

中国料理 楽山
千葉県市川市堀之内3-17-16
047-373-7733
月定休

roshan

店内は広く綺麗。
北総線の駅という立地ゆえの店内の広さと、
北国分の町が整備されたのがまだ最近だから、
店が出来たのもまだ最近であるために店が綺麗なのだろう。

mabodofu
suratan
私の四川麻婆豆腐セット
花椒(ファジャオ)と唐辛子がしっかりきいた、まさに四川の麻辣味だ。ご飯・サラダ・ザー菜・ココナッツプリンが付き1100円
相方の酢辣湯
こちらも花椒たっぷりで唐辛子と酢がしっかりきいている。やはり酢辣湯は四川料理屋で食べるものだと改めて思う。いかんせんこちらは量が少ない


この店、意表をつかれ、結構美味しかったです。
ランチには他に四川ならではの汁無し坦々麺セット1000円もあります。

ここ、こんな辺鄙な場所にありながら、立派な値段取ります。
しかし、こんな場所だからこそ他に選択しも無く、
他へ行くならこちらに行くのがベターだなぁと思った。
本八幡から車等で20分程。

ファラフェルのラップサンド

朝ご飯は昨日の残り物のファラフェルをチャパティで包み、
ラップサンドにした。

sand


チャパティ
  1. フードプロセッサーのカッターを生地捏ね用に変える
    この日はたまたま食器洗浄中だったので、ホームベーカリーの生地捏ねで生地を作ることにした
  2. アタ200g(または強力粉)、水120ml、オリーブオイル大匙1、塩小匙1をフードプロセッサーに入れて混ぜる
  3. 生地を20分ほど寝かせる
  4. ゴルフボールよりやや大きめ程度に生地を分ける
  5. 打ち粉をし、生地を伸ばす
  6. フライパンで伸ばした生地を焼く
    (布巾などで押さえながら)
  7. 両面を焼いたら、直火にかざし、ふっくらしたら出来上がり

全体を風船のように膨らませるのはかなり難しい。
コツがわからない。
焼きすぎると固くなるので、火が通るのと同時にフライパンからおろす

レタスをこの日は切らしていて、フレッシュバジルをのせ、
トマトをこの日は切らしていて、ミニトマトの微塵切りをのせ、
レモン汁と塩を入れたヨーグルト、ファラフェル、玉葱微塵切り、粉唐辛子少々、マヨネーズをラップして食べた。



午後は江戸川区・墨田区内の都内ツーリング。
最後にアンビカトレーディングへ向かったが、両国から蔵前までは大変なことに。
なんと隅田川花火大会直前。規制通行止めのギリギリ前にたどり着いた。

sand

左上:BOONDY チャナ豆の粉の揚げ玉。ライタ(ヨーグルト)に入れたりする。
右上:ドーサ(DOSAI)パウダー
手前:KHAKHARA、クミンのお菓子

ファラフェル、フムス

サラーム海上さんのHPを見ていたら、
レバノン料理がお勧め とあった。
代表的なものがファラフェルとある。
※アジア全域のみならず西洋の料理も紹介していてかなり勉強になる。

検索してみると代表的なものの中に、
ファラフェル(Falafel)・フムス(又はホモス、ホンムス=hummus)というものがある。
どうやら中東全域で食べられている料理のようで、
サラーム海上さんのHPではホンムスはドバイで紹介されている。
同様のレシピで茄子をペーストにするとババガヌージュという料理らしい。

揚げ物ついでに、先日どこかのベジHPで見た蒟蒻の唐揚を作ることにした。
なんでも鶏の唐揚に似ているとか。
farafel
奥ファラフェル、手前蒟蒻の唐揚
ファラフェル
  1. チャナ豆1カップを半日水につけてからフードプロセッサーに入れる
  2. 玉葱大1、大蒜1片、ガラムマサラ大匙1、コリアンダーリーフ(又はパセリ)1束、塩小匙1を1に追加
  3. フードプロセッサーにかける。水の量は様子を見ながら足していく
  4. ゴルフボール大に丸め、180度の油で揚げる
  5. ヨーグルトにレモン汁と塩を足したソースにつける

他所で食べたことがないので、わからないが、
仕上がりがパサパサした感じになった。
全体的に荒挽にし、玉葱は後から入れた方が良いだろう。
ガラムマサラは多めにした方がスパイシーで良いだろう。


蒟蒻の唐揚
  1. 蒟蒻を一口大にちぎり、醤油、大蒜、生姜につけておく
  2. 片栗粉とガラムマサラを混ぜた衣を付け、180度の油で揚げる

食べてみると、鶏の唐揚とは程遠いものだ。
おから蒟蒻なるものだと違うのだろうか?
ただ、鶏の唐揚と思わなければ、不味い代物ではない。



hummus

ホンムス
  1. チャナ豆1/2カップ、大蒜1片を圧力鍋で15分加圧し煮る
  2. フードプロセッサーに1とタヒニ(ごまペースト)大匙2、レモン汁大匙1、オリーブオイル大匙2、塩小匙1を入れる
  3. 茹で汁を加えながら滑らかになるまでフードプロセッサーにかける
  4. 皿に盛り付け、溝を作ってオリーブオイルを垂らす
  5. バケット等にディップとして付けながら食べる

香菜を2で混ぜ合わせ、4で飾りつけで入れても良いかな。
パプリカを4で少々色づけをしても良い
ファラフェル同様スパイスを入れても良いかもしれない。
茹でたチャナの皮を一つ一つ剥くと更に美味しくなるそうだ。



porial
エー・ラージで食べたマッシュ気味のアルポリヤルを再現してみた。

アルポリヤル
  1. ジャガイモ中3を圧力鍋で8分加圧し、自然放置する
    (急いでいる際は一口大に切り、レンジで火を通すか、圧力鍋で3分加圧後急冷)
  2. チャナダル小匙1/4、ウラドダル小匙1/4、マスタードシード小匙1/2、クミンシード小匙1/2、ヒング少々を油大匙2と共に熱を加え香りを出す
  3. カレーリーフ10枚、唐辛子2本を加える
  4. ターメリック小匙1/2、塩小匙1を加える
  5. 1のジャガイモを加え、マッシュしながら混ぜ合わせる



curry

なんとなく手持ち無沙汰になり、他の料理をしながらカレーを作った。

茄子とカボチャのマサラ
  1. 油大匙2、チャナダル小匙1/4、ウラドダル小匙1/4、ベイリーフ2枚、マスタードシード小匙1/2、クミンシード小匙1/2、カルダモン4粒、クローブ2粒を加え、香りを出す
  2. カレーリーフ10枚、ホールトマト1/2缶を入れる
  3. ターメリック小匙1/4、粉唐辛子小匙1、塩小匙1を加える
  4. 玉葱大1/2の微塵切りを加え透明になるまで炒める
  5. 茄子2本を大きめのダイス切りしたもの、を別のフライパンで炒めてから鍋に足す
  6. カボチャ1/4を水につけ、ラップしてレンジで火を通し、一口大に切り、鍋に加える
  7. ココナッツパウダー1/2袋をお湯で溶かし、鍋に加える
    水分と塩が少なければ足して調整する



rice

道の駅で購入した古代米・ひえ・あわを米に混ぜた。
米1合に対し上記のMixを大匙1で炊いた。
倍量の大匙2の方が良いかもしれない。

南房ツーリング

久々のきちんとしたツーリング

往路
市川IC-<京葉道>-市原IC-デュワン昼食
<うぐいす街道>-<297>-道の駅たけゆらの里おおたき
復路
千原台団地経由、四街道経由--道の駅やちよ
北上して小室まで行き、-<464>-新鎌ケ谷-裏道利用して帰宅

梅雨が続いていたが、ようやく目処も立ち、
これからツーリングの季節。
そんな中でも今日は曇り空ゆえさほど暑くなく気持ちが良かった。

ツーリングを兼ねて、必ず行く道の駅。
産直野菜は生産者がしっかりとわかり、
流通にかかっている時間もないので新鮮。
生産者自らが道の駅の商品棚まで野菜を運ぶゆえ、値段も安い。

目的地の道の駅たけゆらの里おおたきに到着。
駐車場には平日にもかかわらず、沢山の車がいた。
yachiyo

古代米250g400円
おから一袋(大)31円(相場?)、青唐辛子50円(相場198円)
バジル一袋(大)131円(相場400円)、茄子100円(相場198円)
胡瓜5本100円(相場150円)etc

ロケット買うの忘れてた・・・

帰りについでに道の駅やちよにも寄る。
yachiyo

平日ゆえ品数がかなり少ない。土日の活気はどこへやら。

いつも買うジャガイモを物色。
ねっとり濃厚な味のとうや(洞爺)、
粉質のきたあかりなどがあるが、
何と、レッドムーン発見。

いずれも北海道原産だが、レッドムーンは北海道でも希少。
もちろんスーパーや近所の八百屋では見たことがない。
もちろん購入。

今日は古代米を買ったので、ついでにここで、ひえ&あわ、も購入。
胃腸のお掃除に良い刺身蒟蒻も購入。

市原 デュワン

今日は仕事が休みなので、ツーリングです。
ランチを市原のデュワンで取りました。
頼んだのはカリーセット850円です。


全景
インド料理 デュワン
千葉県市原市君塚2-17-8
Tel:0436-24-4448
火曜定休
全景
全景
全景
全景
サフランライス スパイスが結構入っているカレー1 汁気のあるチキン
この少量の皿にグリーンカルダモンが4つも入っていた。驚き
カレー2 バターチキン これが付いてくるならナンにしておけば良かった。全景 トマトラッサム?結構濃厚と
サラダ・アチャールが付く

ランチ850円でこの内容なら申し分ない。
アチャールは玉葱。サラダにはサウザンドレッシングが付いてくる。

某有名サイトによると、店名ともなっているデュワンさんは千葉県の有名店 検見川シタール出身とのこと。(カレーリーフのご主人も同様にシタール出身だとか)
なんとなく、タンドールに拘っているようだ。

ネットで調べてみると、ミックスグリル1300円がお勧めのようだ。
ランチでもタンドリーチキンセット900円が良いかもしれない。

東池袋 南インド料理 A・Raj(エー・ラージ)

南インド料理 A・Raj(エー・ラージ)
東京都豊島区南池袋2-42-7
03-3981-9688
火曜休 ※カード不可

池袋から一駅離れた東池袋というマイナー駅にあるせいか、
夕食時と言うのに店内は空いている。

私以外の客は二人だけ。

一人はおじ様。ナンとカレーを一瞬にしてかきこんで、出て行った。
もう一人は女性客一人。その女性はドーサを食べている。格好良い!
一人でインド料理屋に来て、そして頼んでるのがドーサとは。

私も一人客だったが、ディナーのベジミールス2500円
バナナの葉の上にサンバル、ラッサム、ダヒ、ダル、アルポリアル、ジャスミンライス、バトゥーラ、パパド、アチャール、チャトニ、ポディ、デザート

サンバル、ラッサム、ライスはお替り自由。

サンバルは辛さと酸っぱさの少ないマイルドな味。
ラッサムは比較的酸味の強めの味付け。
意外と特別美味しかったのが、ポディ。
チャナダルを挽いたもの(ベスン粉)らしい。
ライスの上にかけて、ギーを垂らして食べる。
なんとなく、スパイシーなきな粉。

家でミルで作ってみたが、あれほど細かい粉にならない。
唐辛子など入れて、近い感じにはなった。
次回ベスン粉を買って試してみようと思う。

どこの店でも思うのは、パパドが美味しい。
市販のものを買って揚げてもこうはいかない。

美味しいんだけど、ダバインディアに比べ、若干高い気はするなぁ。
立地の差もあることだし。
しかし、あの落ち着ける雰囲気(空いてるからか?)も良いし、
チェーン居酒屋行って2500円じゃ済まないから安いかな。

また必ず行く。

html-1

本日テンプレートのカスタマイズを行った。

主に自分専用だから良いかと思い、
幅をかなり広げてみた。
簡単にできると思いきや、悪戦苦闘。
全部で5ヶ所ぐらいの画像修正を余儀なくされ、
せっせかPhotoShopで広いバージョンの画像を作る。
環境によっては途中で切れてしまって見にくいのだろうな・・・

更には画像の貼り付けをwidth=100%としていたら、
記事エリアを広げた分画像まで大きく。
大きくなりすぎた・・・
で画像のほとんどを、縦の場合360px程度、横の場合480px程度に全て変更。
結構大変。

画像のことでもう一つ。
レシピ画像を撮ると思うのは、背景にまで焦点があっていることが不満。
撮りたい物にだけ焦点をあて、背景はぼかしたいんだよね。
どうやら、被写界深度というものが関係しているらしい。
いくつか調べたので、テストを行ったら結果をのせてみたい。

ついでにいくつかhtmlの知識を養い、
実践してみた。


インデント1 ※dl で囲み、項目はdt で囲み、詳細はdd で囲む

前の行よりずれる

改行の際もインデントが有効で見易くなる




リストの作成※ol で囲み、タイプは ol、項目は liを前に付けるだけ

  1. 1番目のリスト(順序のあるリスト)
  2. 2番目のリスト

左の数字部分が勝手につき、改行された際も見易い
欠点はこの無意味に空いてしまう行間か。
誰かこれを解決する方法教えてくれないかな。

夕飯はエリッセリ

夜の自炊。

カボチャが1個と1/4もあるので、カボチャでエリッセリと作ることにした。


エリッセリ(Elissery)

  1. カボチャ1/4を濡らし、ラップに包んでレンジでチン。
  2. 01の半量(全量でも良い)とトゥールダル1/2を圧力鍋で15分加圧し、自然放置
  3. ダルとカボチャをマッシュする
  4. ターメリック小匙1/4、粉唐辛子小匙1、塩小匙1、クミンパウダー小匙1、大蒜1片微塵切りを加える
  5. 残り半量のカボチャを一口大に切ったものとココナッツ1/2カップを入れる
  6. マスタードシード小匙1/2、カレーリーフ10枚、唐辛子2本を油で香りを出し、鍋に入れる

出来上がり

※クートゥとの区別がつかない。プリッセリ(Pulissery)というものを見つけたが、これはモールカレーとも言い、マンゴーなどの果実のヨーグルトのカレーのようだ。


冷凍庫の一番底に餅を見つけてしまった。いつの物やら・・・
適当に使うしかない。

6個を解凍し、3個は縦長半分に、3個はスライスに。


和・洋・印のミックスグラタン

  1. ギー大匙2(バターの代用)を鍋に入れる
  2. マスタードシード小匙1/2、クミンシード小匙1/2、ヒング少々を入れる
  3. 小麦粉(無かったので強力粉)を入れダマにならないよう混ぜ合わせる
  4. 牛乳3カップを少しずつ入れダマにならないようかき混ぜる
  5. フライパンに油大匙1と赤玉葱(玉葱で良い)1の微塵切りを入れ、炒める
  6. しめじ1/2を加え、炒める
  7. フライパンの中身を鍋に加え、カレーリーフ10枚も加える
  8. グラタン皿にホワイトソースを半量敷く
  9. スライスした餅を加える
  10. 残りの半量のホワイトソースで覆う
  11. とろけるチーズをのせ、オーブンで焼く



和・タイの春巻き

  1. 縦長に切った餅と小口切りした葱(ノビルやニラでも良いかな)をお湯で柔らかくした春巻きの皮で包む
  2. 油大匙1をフライパンに入れ、01を焼く
  3. スイートチリか、タイスキソースをつけて食べる

(スイートチリはナンプラー・唐辛子・大蒜・酢・砂糖を混ぜるだけ)

タイスキソースは甘辛濃厚なタレで、
単にお湯で茹でた野菜に付けるだけで一品になる貴重なタレ。

京橋 ダバ インディア

今日は有休。

本を買いたいのと、昼食をリッチにと思い、東京駅八重洲口へ。
八重洲ブックセンターで本を物色した後、
南インド料理を出すダバ インディアへランチ。
有名店。でも行くのは初めて。
自炊する上での参考に行ってきた。

ダバ インディア(Dhaba India)
東京都中央区八重洲2-7-9
03-3272-7160

まだ12時前だと言うのに既に店内には沢山の人が。

ランチミールスを頼む。
タール(丸いお盆)にカトリが5つ
パパド(煎餅)にバトゥーラ(揚げパン)にライスと脇にチャトニ1種、
ラッサム、サンバルと加えて3種のカレー(ノンベジ)がついてきた。
これで1200円。ライス大盛無料。
+200円でラッサム・サンバル・ライスがおかわり自由。

好き嫌いもあるだろうから、人それぞれの評価だろうが、
5種のカレーにバトゥーラにチャトニなんて自分で作るのは無理。
ましてや昼飯に。という見方をすると、かなり安いと思う。

ラッサムは大蒜と酸味がしっかりきいてる。
サンバルは辛味がラッサムに比べしっかりきいてる。

せっかくだから、ランチにベジミールスを加えて欲しい。

チャナマサラ、クートゥ、ポリヤル

偶然、朝早く起きた。
何を食べようかと思ったが、やはりベジで ということで朝なのに、しっかり作業開始。

とにかく、ベジで気をつけなければならないのは、
味をしっかり出すことと、たんぱく質をしっかり摂取すること。

巷のベジ本だと気になるのは
・たんぱく質が不足すること(豆腐や納豆で補うのが通例か)
・メインの一品になりにくいこと(和はさっぱりが多い上、野菜だけだからね)
・結構手のこんだ物が多いこと(意外と特殊な素材が多いし、材料数も多く、ゼラチンなどで固めたり)

その点で南インドのカレーは豆をふんだんに使うから良い。
カレーで使われるヨーグルトも整腸に良い。
ヒング等のスパイスにも整腸や健胃の作用がある。

そして立派なメインになる。
一度アメ横などで(東京でなければネットでも買える)スパイスを揃えれば
メインの素材は一つで良かったりする。

それと豆がとにかく安い。安すぎる。

カレー1

手前ジャガイモのポリヤル、中チャナマサラ、奥キャベツのクートゥ

冷蔵庫の中を除くと野菜が沢山。
普段はほうれん草のカレーを作ったりする。
代用でモロヘイヤや小松菜等なんでも無理やりカレーにする。

だが、今日は残念ながら、ジャガイモ・人参・玉葱などの
欧風カレーの具材のメインと言うべき野菜などと
葉物がキャベツやレタスや長ネギなどしかない。

トマトもプチトマトしかないので、今日はホールトマトで代用だ。
(カゴメのホールトマトが68円/1缶で10缶も買ってきた)

ということで、ジャガイモがポリヤル、キャベツがクートゥ、ホールトマトでチャナマサラ。
まさに具材一つにつき一品にしてしまった。

カレー2

一人分で朝飯を皿に盛り付けた。
食べすぎも胃によくないんだけど、ベジだから良いか。

チャナマサラ
01 チャナ1/2カップを圧力鍋で20分煮る
02 フライパンに油をしき、カルダモン3粒、シナモン2.5cm、ブラックペッパー5粒、クローブ2粒、クミンシード小匙1/2、ベイリーフ1枚等を適当に入れ香りを出す
03 玉葱大1の微塵切りを加え、火が通るまで混ぜながら炒める
04 生姜親指大微塵切りと大蒜大1片微塵切りを加える
05 ホールトマト1/2缶を入れ煮る
06 粉唐辛子小匙1、ターメリック小匙1/4、塩小匙1を入れよく混ぜ合わせる
07 ヨーグルト大匙4を入れよく混ぜあわせてから煮る
08 水2カップを入れ煮る
09 01の豆を加える
※今回は青唐辛子があったので、加えてみた。

キャベツのクートゥ
01 ムングダル等1/4カップ、1カップを圧力鍋で煮る。圧がかかったら火を消し自然放置
02 キャベツ1/4を1cm幅で切り、鍋に加える
03 ターメリック1/4、塩小匙1を加える
04 ココナッツファイン1/2カップを加える
05 マスタードシード小匙1/2、クミンシード小匙1/2、油大匙2をフライパンで熱し、鍋に加える

ポリヤル
01 水に濡らしたジャガイモをラップにくるみ、電子レンジにかける
02 火の通ったジャガイモの皮をむき、芽をとり、ダイス切りする
03 チャナダル・ウラドダル少々、油大匙2をフライパンに入れ火をつける
04 クミンシード小匙1/4、マスタードシード小匙1/4、ヒング少々、カレーリーフ10枚、唐辛子2本を加える
05 02を加える

簡単だ。

ギー

ウチで使ってるギー。これはそんなに高くなかったな。これはアンビカで購入。
カレーを作る際にバターでも代用効くんだけど、逆に私は通常バターの代用でギー使う。

ギーの利点としては
・バターと比べさほど価格が変わらない。
・バターの上澄みなので、バターよりさっぱりしているのに香りは良い
・バターはカチンコチンだけど、ギーは常温だと液状なので、使い勝手が良い。

チャイ

肌のために禁煙(ようやく一ヶ月を越えた)をしてから、
タバコとともに摂取していたコーヒーも控えている
コーヒーを飲むと同時にタバコを連想してしまうから。

ということで、チャイにかえた。
ただの紅茶だとどこか物足りないので。
(昔は普通のアールグレーが好きだったのだが)

手抜きチャイ

チャイ



1/2カップぐらいのお湯を煮立て、カルダモン1個、クローブ1個、シナモン1cmを入れる
色がしっかり出てきたら牛乳3カップを入れる
そのまま加熱すると吹きこぼれるので、離れずにいる
お好みで砂糖を(肌のためには入れない方が良い)

ヨーグルト

ヨーグルトに少量のターメリックを入れ、レモン汁(ポッカ100レモン)を入れ混ぜる
終わり。
油にマスタードシードを入れ、熱したものをかけても良い

ビタミンC

肌が弱いことから、いろいろとネットを回るうちに、
南インドのベジに惹かれて南インド料理を作り始めましたが、

他にもキャベツ等を多く摂取し、胃腸を健康に保ち(胃腸薬キャベジンの効果)ビタミンCを多く摂取するよう心がけています。

ヨーグルトにポッカ100レモン入れて混ぜるなど。

そんなことで、以下を紹介。
ビタC

ビタミンC(アスコルビン酸)の粉末です。
レモン果汁と比べ酸っぱさが少ないので、
食べ物何にでも入れると良い。

ビタミンCは水道水の中の塩素を除去することができます。

お湯沸かすにも少々入れて、塩素を除去してから沸かすと良い。
ウチは麦茶等は全てビタミンC入り。
会社には浄水をペットボトルに入れ、ビタミンCを投入したものを持参。

当然、お風呂に入る時はお風呂の中に入れると良い。
お風呂の中に付属の耳掻きのような匙に1/2杯程度で除去できます。
200gのもので一年はもつでしょう。

肌の弱い人には肌の防御にお勧めですし、
肌が弱くない人も肌の状態を保つために良いと思います。

レモンライス、残り物のサンバル、ラッサム

ラッサムサンバル


昨日の残りのサンバルとラッサムと、日本のお米。
01 圧力鍋に洗った米2合+360mlの水を入れる。
02 クミンシード小1/2、ターメリック小1/4、シナモンスティック2cm、カルダモン3粒、ブラックペッパー5粒、カレーリーフ10枚、塩小1を入れる
03 高圧にダイヤルをあわせ、加圧しはじめてから3分火にかける
04 火を消して圧がなくなるまで自然放置して蒸らす
05 蓋をあけ、ポッカ100レモン小1を加えて混ぜ合わせる

ラッサムとサンバル 及び 各パウダー

またカレーと言われてもまた作る。
度々作るにつれ、美味くなってる。
パウダー

頻繁に食べるから、パウダーは作り置きにしてしまいました。
キッチン中がローストしたスパイスの香りでいっぱいに。

ラッサムパウダーとサンバルパウダーを作る。
分量はカレーな薬膳より。

○左ラッサムパウダー作り置きで沢山 分量は4~6人分
ブラックペッパー小1、クミンシード小1をローストしてミルする

○右サンバルパウダー作り置きで沢山 分量は4~6人分
コリアンダーシード小1、クミンシード小1/2、メティシード小1/4、たかのつめ2本、生米小1/4をローストしてミルする

パウダーを作りたてで作った方が香りは良い。
パウダースパイスより全てホールスパイスから作った方が香りが良い。
当然市販のスパイスより自作の方が香りが良い。
あくまでBetterであってMustではない。
簡単&楽な方がその分作ろうって気にもなる。

ラッサムとサンバル作ったんだけど、
各画像がピントずれ。おかわりで2つを混ぜた写真だけが綺麗に。
なお、この日は8日にアンビカで仕入れた高級長粒種米のバスマティライス。
ラッサムとサンバルの混ぜ物

レシピはカレーな薬膳をアレンジ
○サンバル
01 トゥーランダル1/2・水3カップを圧力鍋で高圧15分茹でる
02 タマリンドゴルフボール1/2の水溶き1カップを鍋に入れる
03 トマトの荒微塵少々、ターメリック小1/4、粉唐辛子小1、塩小1、コリアンダーパウダー小1、カレーリーフ10枚を入れる
04 しばらく煮てからサンバルパウダー小2を入れる
05 ウラドダル小1/2、チャナダル小1/2、たかのつめ1本、ヒング少々、クミンシード小1/2、マスタードシード小1、メティシード小1/2を油大2を入れたフライパンに入れ、パチパチしはじめたら、鍋に入れる。

○ラッサム
01 トゥーランダル1/4・水1カップを圧力鍋で高圧15分茹でる
02 タマリンドゴルフボール1/2の水溶き1カップを鍋に入れる
03 大蒜1片の微塵切り、トマトの中2個の微塵切り、青唐辛子2本、ターメリック小1/4、粉唐辛子小1、塩小1、カレーリーフ10枚、水5カップを入れる
04 しばらく煮てからラッサムパウダー小2を入れる
05 香菜小2を入れる
06 ウラドダル小1/2、チャナダル小1/2、たかのつめ1本、ヒング少々、クミンシード小1/2、マスタードシード小1、メティシード小1/2を油大2を入れたフライパンに入れ、パチパチしはじめたら、鍋に入れる。

が作り方。

実際の作り方。
ラッサム+サンバルの豆を圧力鍋で煮て、各鍋に分ける。圧力鍋を洗う。
米を圧力鍋で炊く(米1に対して水1)
ラッサム+サンバルのタマリンドを水溶きして各鍋に入れる
野菜とパウダースパイスを各鍋に入れる
フライパンで(ラッサム+サンバル+1)のテンパリングをして、各鍋に入れる。

ラッサムとサンバルで1品みたいなもんだ。
パウダーも作っておけばかなり簡単。

残った1/3のテンパリング油に野菜(キャベツやジャガイモ)を入れて炒める。
カレーリーフ10枚、ターメリック小1/4、粉唐辛子1/2、塩小1を入れる。
ココナッツファイン1/2カップを入れて混ぜてできあがり。
でオカズ一品もできる。

小岩 サンサール

夜、小岩のサンサール

時に南インド料理屋になったりもするようですが、
ネパール料理のお店です。

サンサール
東京都江戸川区南小岩5-18-16
03-5668-3637
AM11:00~PM10:30 月曜定休

お店については
IFCというサンサールの常連さん、かつインド料理の達人inaさんののHP見ると、数々のメニューの写真とその解説があり、より詳しくわかります。

私は昼ならネパールランチ945円、夜ならダルバート1,575円
人数がいれば、アラカルトやおまかせで頼んでシェアしても良いでしょう。
近場で重宝する店です。

【通販】阿藻珍味尾道ラーメン

ラーメン

美味い通販ラーメンがあります。その名も阿藻珍味尾道ラーメン

しし唐、ネギ、ゆで卵、叉焼、海苔をトッピングして出来上がり。

4食1050円+送料(関東は常温便で525円)=1575円 393円/食
しかも具無し。高い。

アンビカトレーディング ほうれん草スープ

アンビカトレーディングに一度行ってみたいと思っていたのだが、ネットで見ていたら蔵前橋に新しいお店が出来たとのこと。早速行ってみた。
アンビカトレーディング
東京都台東区蔵前3-19-2
03-5822-6655

アンビカ

場所がわかりにくいので少々迷ったがなんとかたどり着いた。
お店はとても綺麗でまるで、インド食材の店とは思えない。
インドとは関係なさそうなもの(普通のジュースやマーガリン)がある。店はこの手の食材屋の割りに広く、余裕をもった配列。

パパド(インドの煎餅)が5種前後も置いてあり、
長粒種米も4種ほどが各5kgと1kg。
ギー(インドで使うバターの上澄み)は2種の取り揃え。
各種スパイスはホールとパウダーの他、量別にも揃えてある。
特にあまり頻度の少ないスパイスなんかは少量のタイプが嬉しい。
個人だと少量でこまめに買い足すことが出来てよい。

他にタマリンドやヒング、各種豆はもちろんのこと、
サンバルパウダーやドーサやワダのパウダーもあり、
インスタントのカレーも多数取り揃えていた。
ベジ用のパンも売ってる。冷凍庫はロティやピタなど。
(ハラルフード等は置いてないようです)
かなりお勧めです。
場所はここ 地図

戦利品

戦利品は
クローブホール50g 120円
チリホール100g 200円
グリンカルダモンホール50g 260円
バスマティ米1kg 720円
すいてるし、綺麗だし、アメ横大津屋よりこちらを今後は使いそう。

スープ

01.ほうれん草4房を洗い、茹でる
02.01と牛乳1/2カップ、生クリーム1/4カップをミキサーにかける
03.玉葱大1/2を微塵切りにする
04.大蒜1片、生姜同量程度 を擂りおろし、バターを入れたフライパンに入れ、中火で香りを出す
05.03を加え炒める
06.02を加え、煮る
07.コンソメ適量を加える
08.塩小匙1/4を加える
09.塩加減をみる
10.グリルで焼いたモロッコインゲンを加える
11.潰した松の身を上にちらす
クリーミーに出来上がり

ほうれん草はおひたしより、洋風でもインド風でもミキサーすると美味い。子供がいたら和風より大喜びしそうだ。

ピーマンもヨーグルトとミキサーしたら子供でも食べられるだろう。

タイグリーンカレーとマグロタマリンドカレー、ラッサム、サンバル

魚のカレー

○マグロのタマリンドカレー
昨日、銚子で買ったマグロのカマを焼いた残りがあったので、
身をほぐしてカレーを作ってみた。
タマリンドをたっぷり効かして、生姜もたっぷりのせたのだが、
魚臭さがきつめで、どうも美味しくなかった。
昨日焼いたものを大根おろしと醤油で食べたら美味しかったんだが。
美味しくないので、レシピは無し。

サンバル

○チリメンジャコのサンバル
今日はサンバルをグリーンマサラも作ってチリメンジャコを入れて作ってみた。が、これまた魚臭く美味しくない。
美味しくないので、レシピは無し。

ラッサム

ラッサム。何度か繰り返し作っているうちに、適当に作っていても、まともな味が安定して作れるようになった。

レシピは「誰も知らないインド料理」を簡単に(不精に)アレンジ。
○ラッサム4~6人分(大抵二人分で作ってるけど)
01.大蒜1片を擂りおろし、ゴルフボールの半分量のタマリンドを水に戻しておく
02.トマト1個をザク切りにする
03.チャナダル小匙1/2、ウラドダル小匙1/2、ヒング小匙1/8を油を入れたフライパンに入れ、中火で香りを出す
04.クミンシード小匙1/4、マスタードシード小匙1/4、カレーリーフ10枚を加え、中火で香りを出す
05.水5カップを加える
06.ターメリック小匙1/4を加える
07.01を入れる
08.塩小匙1/2、粉唐辛子小匙1/2、クミンシード小匙1、ブラックペッパー小匙1/2を加える
09.02を入れる
10.10分ほど煮て塩加減を確認する
11.コリアンダーの葉1房分を入れる
出来上がり

タマリンドは魚のカレーやサンバル、ラッサムと併用して使ってる。
テンパリングは多めに行っていくつかのカレーで使いまわす、
併用して作ることで手間がかからない。

ポリヤル

玉葱多めのオクラポリヤル
簡単で彩りにもなり、美味しいので最近よく作るんだけど、
オクラって高い。安くて10本100円ほど。1本10円だ。
W氏のレシピは40本でレシピが出ているが、
オクラだけで400円もしてしまう。
よっていつも、最大でも10本、少ないと5本で作ってる。

レシピはdancyu7月号を簡単に(不精に)アレンジ。
○オクラのポリヤル
01.玉葱大1/2を微塵切りする
02.オクラ10本をネットごと洗って水気を取り、ヘタを落とし、1cm強ぐらいの小口切りにする
03.チャナダル小匙1/4、ウラドダル小匙1/4、ヒング少々を油を入れたフライパンに入れ、中火で香りを出す
04.クミンシード小匙1/8、マスタードシード小匙1/8、カレーリーフ5枚を加え、中火で香りを出す
05.01を加えて炒める
06.02を加えて炒める
07.ターメリック小匙1/8を入れる
08.粉唐辛子小匙1/4と塩小匙1/4を入れる
09.ココナッツファイン大匙1/2を加える
出来上がり

グリンカレー

タイカレーだけは材料わざわざ揃えるのが面倒で、
グリーンカレーペーストとココナッツ缶(又はパウダー)で作ってる
この日は具が竹の子と生姜のみのグリーンカレー
01.生姜親指大を千切りにしておく
02.油をしいたフライパンにグリンカレーペースト1袋を入れ軽く炒める
03.ココナッツ缶(又はパウダー)1/2を入れる
04.竹の子の水煮(既に切ってあるもの)1袋を入れる
出来上がり。とっても簡単。
竹の子以外に鶏肉や茄子、又は大根を加えたり、コリアンダーの葉を彩りで最後に足しても良い。
東京の人であれば、錦糸町やアメ横に行くとタイ食材を扱う店が多いので、ホムデン・バイホラパー・レモングラス等タイ特有の食材も使うと良い。昨今パクチー(香菜orシャンツァイorコリアンダーリーフ)は一般のスーパーでも取扱有り。

ただ、結構辛くて、急遽簡単ライタを作成
01.昨日のキャベツとトマトのサラダの余り丼1杯分
02.ヨーグルト大匙10杯分を入れて混ぜる
03.塩小匙1/2を入れ、レモン汁小匙1/2を入れ混ぜる
出来上がり。これをお口直しに使ったり、混ぜて食べたり。

朴葉焼

かま

炊飯用の土鍋です。
炊飯器で炊いても、普通の鍋で炊いても、専用土鍋でもさほど味は変わらない気がします・・・
ではなぜ使うのかと言うと、
・時間が無い(10分ちょっとで炊けます)
・このまま冷蔵庫に放り込みます(冬は放置、夏は食べたらすぐに冷蔵庫)
・おこげができる(なぜか、オコゲって嬉しいんです)


塩

多分フランスで買ってきた塩(だと思う)
もうほぼ無くなった。
醤油なんかと違って、実はそんなに塩の味がわからないんだけど、
雰囲気で美味しく感じる。


朴葉

頂いた朴葉焼。
フライパンで熱してる所。
本日は焼酎炭酸割りだけど、日本酒に合うだろうなぁ。
味噌の焦げかけた味が美味い!

我が家の重宝している調理器具1

○圧力鍋(フィスラー
圧をかけて熱を加えるため、一般の鍋で煮るのに比べ、短時間で火が入る。
利用する時は

  • 豆を煮る(ひよこ豆等は普通の鍋ではかなり辛抱が必要)
  • 稀に米を炊く(普通の鍋で炊いても10分強で炊けるのであまり使わない)
  • 野菜等を茹でる(ポトフで使用することが多い)
  • 魚を煮る(骨までトロトロにできる)

欠点は

  • 高温ゆえ、肉をトロトロにするには向かないようです。保温調理器のシャトルシェフ等が向いているようです。
  • 火を短時間で通しても、味は短時間ではさほど染込みません。
  • 重いし、場所をとります

インド料理をする人にはまず手放せない重宝する鍋です。


○フードプロセッサー(松下MKK-78
切る、擂りおろす、スライスする、千切りする、混ぜる、捏ねる
と一台何役もこなしてくれます。
利点は

  • 大量の微塵切りも楽(まとめて微塵切りして冷凍保存など)
  • 大根おろしは一瞬(楽なので頻繁におろすようになる)
  • 生地捏ねができる(手でやると場所もとり、力もいるので大変)
  • 手が食材に触れない(肌が弱い人にお勧めです)
  • 従来使っていた物より容量が大きく使い勝手が良い

欠点は

  • 場所をとる
  • 少量の場合、わざわざ出すのが面倒
  • 少量の場合、わざわざ使用後に洗うのが面倒

ハンバーグ・餃子・サンガ焼の具などは具材をまとめて入れて、押すだけで一瞬で種が作れます。
時間短縮と手荒れで悩む方には重宝します。


○食器洗浄機(松下NP-P60V1WS
ビルトインタイプの食器洗浄機です。
利点は

  • 手荒れしない(洗剤に触れないのは大きい。手の油分が無くならずに済む)
  • 家事の時間短縮(中に入れるだけ)
  • キッチンの上にスペースができる(調理スペースが狭いと大変)
  • 高温で洗うため殺菌ができる(手洗いだとせいぜい40度程度。食洗機ならまな板も高温殺菌洗浄できる)

欠点は

  • キッチンの収納スペースが減る(特に我が家はW600mm)
  • こびりついたものは落としにくく、結局水で付け置きする
  • 洗い&乾燥の時間が結構かかる(包丁洗ってる時に使いたくなったり)


間違いなく必ず一家に一台入れた方が良い
大量の洗い物を見て、うんざりすることも無くなり、
手荒れで悩むこともなくなります

大は小を兼ねるでW600(もしくはW450×2)がお勧め。
外国人はもっと大きなサイズのものを数台使ったりする。
※光熱費が減ったという実感はあまりありません。

朝はインド風、昼は下町風、夜は和

27日にチャパティを使ったので、
今日の朝も。というか、リベンジ。前回固かったので。

久々にパスタマシンを利用してみた。
更に餃子用に先日合羽橋で買った型抜きで小さめのチャパティを。

そろそろ27日のチャトニも使い切らなきゃならん!
ということで(チャトニは新鮮さが売りだと怒られる・・・)
なんとか使用。
でも飽きもきてるのでマヨネーズや水菜、スクランブルッグやらも混ぜて。
小さなチャパティ


午後、
というかオヤツ前に昼・オヤツ兼用で名店葛飾立石のモツ焼宇ち多へ。
ここ、平日は14時~19時、土曜12時~16時程の飲み屋。
開店前から長蛇の列。
腹いっぱい食べて、フラフラまで飲んで1000円ちょっと。お勧め。

ここの梅割は他では味わえないので、
もう何年も電車に乗ってまで通っています。


帰りに寄ったのはある方に教えていただいた
小岩のインド食材がある店。
ハラル

蔵前橋通りから奥戸街道へ斜め右に折れてすぐ右側にあります。

入ってびっくり。ハラルフードが沢山。
(ハラルとはおおまかに言えば宗教的にしめられた肉。インドではそれさえもダメな人達も多いようです。なんせ牛が神様の乗物だったりするわけですから)
※インドの宗教については複雑なようですので、独自に調べてください。

片言の日本語のインド人(に見える)一人が店員・・・心細い。
日本語ほとんどわからないようだ。

で、PAPAD(インドの煎餅みたいなものだが、ご飯に混ぜたりもする)、
papad

PAPADが欲しかったので、あって良かった!!!
これを少量の油でさっと揚げて、
ご飯の上で割って混ぜて食べると美味い。
もちろんこれだけでも美味い。
揚げ方が難しい。

それとシナモンスティック、そしてなぜだか、インドDVDを購入。
なんとなくインド料理食べながら見たら雰囲気出るかなと。
題名はsalaam namaste/humtumの2本だて。
見てみると、出演者がほとんど白人にしか見えない。

夕飯
060701全体像

サンガ

・左下 千葉産アナゴ丼(東京湾のアナゴは有名です)
 ご飯は炊飯用鍋。この方がオコゲできるし、炊き上がるまでが早くて楽。
・中 千葉産鯵刺と青柳の刺に千葉の小口葱(千葉・三浦の間の黄金鯵と、やはり有名な富津の青柳)
・右 普通の納豆・長ネギを油揚げで包んで焼いたもの(お隣茨城産納豆)
・左奥 千葉産カブとカブの葉の自家製糠付(古漬)
・中奥 鯵・青柳のサンガ焼風(刺しだけだと飽きるので。でも鮑の殻じゃないので、あくまでサンガ焼風)
・右奥 調理じゃないが、千葉の有名醤油の濃口醤油「本膳」

千葉に拘った和の夕食でした。今日は嫁が遊びに行ってて一人。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。