アクセス解析
BONAPPETIT 2006年06月


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりミールス風味に

更に3日連続でのカレー作り。
2名分


かなり見た目はミールス風味になった。(ように自分では思う。・・・突っ込まないで)
ただし、飽きも出てくるので、肉も使用。
そして、なぜか妻がカレーを嫌がってたので、
この中に一つだけ中華を入れた。

左の皿、左から時計回りに
・手羽元のカレー、dancyuカレー特集W氏風
・コリアンダーチャツネ、トマトチャツネ
・そしてなぜか、豚と茄子の四川風(陳系列のテレビで習った豆板醤に人参の摩下しをあわせたもの)
・アジのカレー。タマリンドタップリ
・大根クートゥ
・中手前、ラッサムの余り、
・中真ん中、キュウリのライタ。
・奥、チャパティ
全粒粉買ってきました。

アップはこんな

アップ

うーむ・・・チャトニ作りすぎた。どうしよう。

それにしても、W氏恐るべし。レシピ通りのカレーは美味すぎる。
だけども面倒でいつも適当に作ってしまうんだよな。

魚のカレーは保田で買った大量の小アジの丸干しが冷凍であったので。
スポンサーサイト

少しミールス風味に

連続3日目のカレー作りにて要領も得てきた。
カトリやターリ皿がないまでも、なんとなく盛り付けもらしくできたかな?

皿

左、茄子としし唐のトマトカレー、
右、カブのサンバル風
奥、トマトライタ風
中、レモンライス風

レモンライスなんぞはかなり手抜きで、
ターメリックと多少の油入れて炊いて、
炊き上がった所にポッカ100レモン振りかけただけです。

右右、ラッサム風。かなり薄めにしてみました。
ラッサム?


カレーのレシピをつかんでおくと、
スパイスさえあれば、適当に野菜の後片付けができてよい。

おまけに肉・魚無しでヘルシー。

たんぱく質は豆にて補給。
豆は激安なので、お金もかからない。

ヨーグルトは自作すれば安い。
※誰も知らないインド料理 に作り方出ています。

今回の一連の南インド料理によって、
ヨーグルトとご飯の組み合わせに驚いた。
本当に美味しいです。

カレー作らずとも、試しに、
ダイスカットのトマトやキュウリをご飯に乗せ、
そこにヨーグルトかけて食べてみてください。

一部だけ。豆最高!

昨日に引き続きカレー。

チャナのトマトたっぷりカレー。
チャナ


圧力鍋があると無敵です。
豆料理をするなら必需品。

これを普通の鍋で茹でたら何時間かかることか。

でも目に見えないのが欠点、蓋を簡単に開けられないのが欠点。
微妙な火加減や味見は無理。

肉をトロトロに煮込みたい場合はシャトルシェフがお勧め。

南インド料理にチャレンジ

ついでに外食の記録とともに、
私担当の日の食事の内容を出来る限り記していこうと思う。

今まで私の作るカレーと言えば、
スパイスこそ揃えても北インド系のカレーライスのみだったが、
伝道師と呼ばれるW氏や他数名の偉人達のHPを見て、
南インドカレーに興味を持った。

そして、今日のこの日に初めて南インドカレーに挑戦した。

南インドで多用されると書かれているものを仕入れに。
ヒング、タマリンド、カレーリーフ(生は手に入らなかった)etc・・・

いやー、東京の東側に引っ越してからは仕入れが楽である。
アメ横だと種類も豊富だし、値段も安い。

大津屋商店
カワチヤ食品
むら珍食材
野澤屋

全景

二人分でこんな感じ。

手前から
・焼酎+レモン+日本シトロン+氷少々
・大根クートゥ風
・サンバル風
・オコゲ付ご飯(日本の米)+タマネギとキャベツのアチャール風
・ラッサム風
・ライタ風
・オクラのポリヤル風
全部風付けてるのはより本格的に正確に作ってる人からお叱りを受けそうだから。

奥二つがこんな感じ
奥二つ


初めてにしてはまぁまぁ形にはなったかなと。
実際食べてみて、おそらく当分欧風カレーは食べたくないと思った。
なんせ酸味も効かせたこれらのカレーはさっぱりしていて、
日本食にも近く、あっさりたいらげられる。

※レシピ参考 誰も知らないインド料理・カレーな薬膳

銚子ツーリング

生まれて初めての銚子です。

鎌ヶ谷から北総線沿いの464を東に。この道は快適なんです。
千葉NTを過ぎ、そこから木下へ北上し、利根川沿いを下ります。
この道も快適。まるで有料道路です。まさに優良道路。

途中佐原へ寄って小江戸を楽しむも良し。
(どっちの料理ショー特選素材のごま油が油茂製油で売ってます)
川の向こうの有料道路を通って、北から銚子に入るも良し。

ツーリングマップルを見て久六に入る。キンメ漬丼が美味いらしい。
久六
千葉県銚子市新生町1-36-49
0479-22-1038
火曜定休

しかし私はキンメ漬け定食1,850円に。
金目

これが美味すぎ。接客のおばちゃんも丁重。
※ご飯のおかわり無料

ここ最近でこれだけの感動を得たことがない。
舌が肥えてないと言われるのやら、舌が肥え過ぎと言われるのやら。

久六での感動を後に、
次にポートタワーにあるウオッセ21へ。
千葉県銚子市川口町2-6529-34
0479-25-4500
ウオッセ1

キンメ小×10で300円
ウオッセ2

真サバ×3で300円
ウオッセ3

マグロ1,200円

安すぎる。
黄肌マグロ丸ごと一本で2,000円ちょい。
特大磯牡蠣5個1,000円。

中でもウオッセのお勧めは帰ってから食したコレ。
その日の夕飯

蛤の吸い物と焼蛤に椎茸の自家製糠付に加えてこのメイン。
銚子漬。味醂干しに近い味なのだが、干してない生。
これが激美味。秋刀魚、鯖、鰯とどれも美味い。
キッチンライフ銚子東洋で買えます。郵送可。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。