アクセス解析
BONAPPETIT [外食]その他地域 大衆酒場


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイボール

今日もツーリング&飲み。
東京で飲むなら絶対コレという黄金コンビ。
ハイボール(略してボール)と豚レバ生。

下町の名店ではビールや烏龍ハイなんぞ頼む客は少ない。
スポンサーサイト

テーマ:お酒全般 - ジャンル:グルメ

押上 まるい

肉々day3軒目
押上 まるい

酎ハイ350円

糠漬け400円

孔子レバ刺650円
【“押上 まるい”の続きを読む】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

本所吾妻橋 わくい亭

肉々day2軒目
本所吾妻橋 わくい亭

豚の角煮500円

メンチカツ600円
【“本所吾妻橋 わくい亭”の続きを読む】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

立石 宇ち多

肉々day1軒目
立石 宇ち多
【“立石 宇ち多”の続きを読む】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

京成小岩 三平2号店

京成小岩 三平2号店
東京都江戸川区北小岩6丁目20-12

珍珍がmixiのコミュニティの忘年会で使われているようなので、
回避して、こちら京成小岩に来た。

2号店は初めて。

【“京成小岩 三平2号店”の続きを読む】

門前仲町 だるま

今日の下町散歩その2
今日の下町散歩その4

大坂屋を出てぼちぼち歩きだそうと思ったところ、
ある店から優しそうな顔をした爺さんが笑顔で声をかけてきた。

なぜかその誘いに吸い寄せられるように店へ入った。

ここ「だるま」はるるぶ江東区でなぎら健壱も勧めている店だ。

メニューを見ると、どれも高い。
大鍋で煮込まれた煮込みやおでんが見えるが、
この店のウリも何だかよくわからない。

チューハイとお新香を頼んだ。
チューハイはシンプルタイプのものが出てきて、
テーブルにあるレモンとライムの各エキスを自分の好みで調節して入れる。

しかし何だろう?
あの爺さんの笑顔と言い、何とも言えない居心地の良さがある。

地図・店情報は続きへ。
【“門前仲町 だるま”の続きを読む】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

門前仲町 大坂屋

今日の下町散歩その3

月島岸田屋を後にし向かったのは門前仲町。
歩いても1km強、15分程度で着いた。

寄ったのは大坂屋。
たまごスープ等若干のサイドメニューがあるものの、
基本路線は煮込みのみという店。

千住大はし・森下山利喜・月島岸田屋に加え、
門仲大坂屋・立石宇ち多で5大煮込みという噂もある有名店。

煮込みは通常のモツ焼半分程度の量で1本120円とバカ高い。
立石近辺並の量を頼むと1000円近くは取られる。

味は好みの分かれるところだ。
八兆味噌ベースだが、濃度はあまり濃くなく、
サラサラ状態。
個人的にはあまり好きなタイプの煮込みの味付けではない。

地図・店情報は続きへ
【“門前仲町 大坂屋”の続きを読む】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

月島 岸田屋

今日の下町散歩その2
三大煮込みと言われる店がある。
  • 北千住 大はし
  • 森下 山利喜
  • 月島 岸田屋
である。

今日は岸田屋に来た。
もんじゃ、レバカツの他、この岸田屋の煮込みも一つの名物と言えよう。
16:57、20人弱が列を作って開店を待っている。
この3店全てに言えることだが、
大衆酒場の暖簾からは考えられない程、若者や女性客が多い。


店内は21席あり、女性ばかり4~5人で切り盛りしている。
メニューは煮込みや肉豆腐の他、
ヌタ、にこごり等のサイドメニューや魚の焼き物や煮つけ等大変充実している。
ほぼ黒い色をした煮込みはどれも美味しそうだ。


肝心の煮込みは甘く味付けられていて、
具はモツのみ、トッピングでネギの有無を選択するもので、
さすが三大煮込みと言われる程絶品。

煮込みのみをお代わりしているお客さんもいる。

惜しいのは昔ながらの焼酎ハイボールがないことと、
大衆酒場にしては若干値段が高めなことか。

地図・店情報は続きへ 【“月島 岸田屋”の続きを読む】

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

立石 江戸っ子

さぁ、今日は一人呑みだ
ということで、お馴染み立石「江戸っ子」へ

江戸っ子
東京都葛飾区立石7丁目1-9
まずはハイボール300円。
ここへ来たらこれを飲まないと。何しろ生ビールより注文率が圧倒的に高く9割以上の人がこれを飲んでいる。

飲んでると気づかないが、氷無しで量も多く濃い。
他の店ではいかに「チュウハイ入り氷」を頼んでいるかがわかる。

多くて濃いので2杯も飲めば気持ち良くなってくる。
まずは煮込み。280円。
照明が明るいのせいか夜間なのによく撮れた。

大きな豆腐、何種類ものモツ、沢山のネギ。
とにかく280円でこの山盛りの量は嬉しい。
脂とカシラを2本ずつ、辛タレで。

通常のサイズより大きめで4本280円。
つまり1本70円はお得。

ここのはカシラにネギが入る。

新小岩 魚三酒場

個人的には絶対に都内三本の指には必ず入れる「大衆酒場」
その名は「魚三酒場」
今日は一人でオヤジは呑みます。

「大衆酒場に若い女性は似合わねぇ!」と言わんばかりに、
店内はオジ様達ばかりがひしめき合う。

魚メニューの種類と価格驚きです。
アラ煮は80円。
変り種はなく、正々堂々と基本的メニューだけで数え切れない品揃え。

まずは定番「お酒!」
黙っていても必ず「温燗」がグラスに溢れるまで注がれます。
その価格グラス180円/1杯。
何杯飲んでも財布に温かい価格です。

まず
1品目 胡瓜揉み。

大振りの小鉢で100円。
欲張れば私はこれだけで2杯はいけます。
2品目 白魚430円

白魚の刺身でこのボリュームでこの価格は嬉しい。

都心ならこれだけで紙幣が飛ぶこともしばしば。
このボリューム、食べていて一人では飽きがくるほどです。

受け皿に溜まった酒をグラスに注ぎいれ、お代わり!
3品目 牡蠣フライ400円

マグロのカツやアジフライなども500円としないこの価格。
いやこれらは400円もしない。

厨房からすぐ目の前のコの字型カウンターに出されるおかげで、
出来立てですぐ出されるフライやカツ。

アツ!アツ!のジューシーだ。
お会計、1290円也。

平日毎日飲んでも6450円/週だ。
毎日でも行きたい。


魚三酒場 新小岩店
東京都葛飾区新小岩2-10-7

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。