アクセス解析
BONAPPETIT [その他]ツーリング


          BonAppetit top

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久留里の「生きた水」

ツーリングで必ず寄る久留里。
500ml空きペットボトルに入れて、持って返って飲む習慣がつきました。
せっかくこれだけ数多くの井戸がある名所なので、まとめてみました。





※引用 「君津市観光協会上総支部」


~久留里の井戸~


久留里の「生きた水」 【千年の森が命の水をつくる】


上総堀の井戸は江戸時代末期、この地方に伝わる伝統的突き堀工法に改良を重ね、
竹ヒゴを用いた独自の工法を考案し、明治15年大村安之助氏によって完成させたと伝えられています。

房総丘陵は南面が隆起し、北に向かって緩やかに下がる断層である。
清澄山系の年間降水量は2千数百ミリと日本列島でも多雨地帯であり、
その山々の樹木に貯えられた雨水が地下水となり、
浸透性の高い関東ローム層に被われた砂地を長き歳月を経って地下断層を流れ
、自然浄化されてこの井戸より自噴している。

400m(1,332尺)深いものは650m(2,166尺)出水量は毎分126リットル(7斗)自噴しており、
抗菌性を持つ土壌菌群であり乳酸菌やペニシリン菌など豊かに含んだ自然水でまさに生きた水です。


※排水者の皆様へご協力お願い致します。
井戸は私有物です。所有者に迷惑のない様マナーを守りましょう。
募金箱のお金は水質検査、井戸整備等に使用されております。


各井戸の写真は続きに。
【“久留里の「生きた水」”の続きを読む】
スポンサーサイト

久留里の銘水 2

久留里の銘水 2
久留里の井戸

前回はこちら




前回とは違う場所。
久留里には一般の人が汲める所が20基、
私有のものを含めたら数え切れない程の井戸があるらしい。

今回の場所は
410号(久留里街道)のセブンイレブンを10m程下った対面の藤平酒造前にある。

乳酸菌などが豊富で生きた水と書かれている。
人によっては硫化水素の味がすると書いている。

時間をおいて家で飲んでるからかもしれないが、
私の鈍感な舌にとってはほぼ無味無臭。
【“久留里の銘水 2”の続きを読む】

テーマ:ツーリングレポート - ジャンル:車・バイク

From市川 or To市川 の抜け道

面白いサイトを知りました。
ルート作成をし、動画再生できるサイトです。
しかもそれを共有できる。


1.R357から市川橋へ抜ける抜け道です。
※川沿いを走ると信号なく、交通量少なく快適です。

2.市川橋から船橋ららぽに行く抜け道です。
※R357もR14も休日は大混雑です。

3.市川橋から鎌ケ谷への抜け道です。
※464からは快適で、ここから千葉NT・成田・銚子へ行けます。

4.本千葉~花輪の抜け道です。
※本千葉から検見川浜まではR357が大混雑。この辺、高速も大混雑です。

図は続きをクリック。 【“From市川 or To市川 の抜け道”の続きを読む】

テーマ:ツーリング - ジャンル:車・バイク

久留里の銘水

久留里の井戸
久留里にはいたる所に井戸がある。
「上総掘り」という工法で明治15年に作られた井戸だそうだ。
毎分126リットルが出水する。
井戸は私有物で、無料で提供されているのだそうな。

飲みやすく、これを飲むとミネラルウォーターが臭く感じる。

テーマ:ミネラルウォーター - ジャンル:グルメ

豊洲 ららぽーと

ツーリングと言うほどの距離じゃないが、
江東区の豊洲に「ららぽ」ができたので行ってきた。

広さも船橋より小さい気はするし、
商店の数は船橋と比べて圧倒的に少ない気がする。

服屋や雑貨屋はかなり少なく、
大手資本(丸井インザルーム・ハンズ・HMV等)の店が多い。

房総ツーリング

Nikon D70s + AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G
70mm F4.5 1/800秒 絞り優先 0step
君津周辺
ミニチュア風レタッチ
Nikon D70s + AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G
18mm F3.5 1/1000秒 絞り優先 0step
久留里線
平山駅にて
Nikon D70s + Sigma macro 50mm F2.8 EX DG
50mm F2.8 1/1000秒 絞り優先 0step
お約束の秋桜
上総松岡付近にて

利根川ツーリング☆牧場☆

都内及びその周辺の方以外関係ない事

知ってらっしゃるでしょうか?
利根川沿い河川敷に牧場がある事を。
場所はココ


ふーん・・・


ちゃんとした牧場が河川敷にあるんじゃないんですよ。
わかります?
普通の河川敷に普通に牛が沢山いるんです。


まるで玉川河川敷にカップルがいるかのように、
牛達がいるんです。


ダメだ。どう説明してよいのかわからない


この凄まじい程の感動が、
文章にすると何と平坦な出来事なのだろうか?


一応説明をしておくと、
共同牧場主達は国有地である河川敷を借り受け、
牛達は搾乳以外の大半をこの河川敷で過ごしているとのこと。


都心から1時間ちょっとの場所で、
河沿いを行くと、囲いも境界も何もなく、
平然と沢山の牛達がいるなんて考えられなかった。


結論。
ただ単に「私」が考えられなかっただけです。


房総ツーリング

今日は久々に房総ツーリングに出ることにした。

1.昼食
東京湾のアナゴは日本全国でも有名な一品
中でも内房はアナゴを出す店が多く、
富津ではアナゴをのせた「はかりめ丼」が有名。

今日は富津ではないが、木更津手前の金田にある
やまよに来た。

途中手前のアクアわくわく広場にて激安の野菜も大量購入。
野菜の高いこの時期にあって、
市川の半値以下。大根大1本で50円。

千葉は道の流れが速く、
千葉市川からここまで一般道で来ても1時間ちょっとだ。

この店やまよはバイカーご用達のようで、さまざまなツーリングブログに登場する。
場所は田んぼの真ん中。
非常に分かりにくい場所にある。
こんな辺鄙な場所で商売成り立つものなのかと感心する。
木更津近く 金田のやまよ食事処
0438-41-7240
千葉県木更津市瓜倉610
平日は全定食850円、土日は1200円
有名なのはアナゴ天丼
この日はアナゴ天重にした
2.鹿野山
昼飯も終わり、木更津から南下していく。
今日の目的ツーリングスポットは鹿野山。
マザー牧場はここ鹿野山にある。

マザー牧場へは寄らず鹿野山神野寺へ。
宗派は真言宗知山派。
聖徳太子が作った寺とか。

今日はツーリングがてら、デジカメ現行機の再テストもかねている。
今日はマクロ。
ということで、ここ神野寺で花の写真を撮ってみた。
トレニア
なんとか・・・
構図なんかは別としても、きちんとマクロ効果が出ている
手前の花にフォーカスをあてて、後ろはある程度ボケた。
こちらはフォーカスした位置を少し右においた。
暗い中でもきちんとブレずに撮れている
こちらも背景をきちんとボカせた
コンパクトであってもマクロを使うことにより、ある程度は背景をボカせた。

このような撮影をすることによって、
普段通り過ぎるような所にも目がいくようになる。
写真の楽しみの一つはこのような所にもあるのだろう。

鹿野山には素晴らしい林道がある。
とにかく自然を感じられる。
分岐や休憩所などは一切なく、ただ走るのみ。
しかも細い、一部距離は短いがダート部もある。
そのためか、車通りは全く無し。
鹿野山林道にて私の愛車。
適当過ぎた。ちゃんと構図考えなきゃだな。
3.酒匠の館
鹿野林道は465にて終わりとなる。
465を西に向かうと
ソムリエハウス酒匠の館というものがある

日本酒の製造だけでなく、
無料の資料館、さまざまな土産コーナーがある。
酒麹入りの饅頭はそのまんま酒の味がします。

もちろん試飲コーナーも。
自分で運転しなきゃこんな場所こられない・・・
桃色にごり酒というい綺麗な色のにごりを買った。
300mlで900円。
にごりの割りには飲みやすい。
ソムリエハウス酒匠の館
千葉県富津市上後423-1
0439-68-0100

4.湧き水
少しして左折すると通称もみじライン。
志駒川に沿って走り、通行量も少なく、道は整備された道幅が広い軽快な道だ。

もみじラインに入ってすぐ、不動明王の水と書かれている場所がある。
ここは湧き水の場所である。
もちろん無料。
天然のミネラルウォーターが汲み放題で無料である。
ここで水を汲むつもりで500mlペットボトル3本を持ってきた。
成分基準や水質検査を受けた際の成分表示もあるので安心だ。

しかし、周りの人達を見ると・・・
4リットルペットボトルを10本以上も持ってきている人達ばかりだ。

更に南下すると、また湧き水の場所がある。
こちらには志駒不動様の霊水とある。
こちらには水質などの表記はない。

もみじラインは34に突き当たる。
5.ばんや
ここを西に向かうと127保田に着く。

保田でのお勧めは「ばんや
保田漁協直営で
食事も安ければ、お土産の干物も安い。
炭酸泉にも入れれば宿泊もできる。
小鯵丸干し、ひこいわし干物を購入
ばんや
千葉県安房郡鋸南町吉浜99

ここのすぐ先には道の駅鋸南があり、ここでも干物などお土産で買える。
その手前スーパーのODOYAでも保田や館山の海の幸が安く手に入る。
刺身を買うならこちらへ。

南房ツーリング

久々のきちんとしたツーリング

往路
市川IC-<京葉道>-市原IC-デュワン昼食
<うぐいす街道>-<297>-道の駅たけゆらの里おおたき
復路
千原台団地経由、四街道経由--道の駅やちよ
北上して小室まで行き、-<464>-新鎌ケ谷-裏道利用して帰宅

梅雨が続いていたが、ようやく目処も立ち、
これからツーリングの季節。
そんな中でも今日は曇り空ゆえさほど暑くなく気持ちが良かった。

ツーリングを兼ねて、必ず行く道の駅。
産直野菜は生産者がしっかりとわかり、
流通にかかっている時間もないので新鮮。
生産者自らが道の駅の商品棚まで野菜を運ぶゆえ、値段も安い。

目的地の道の駅たけゆらの里おおたきに到着。
駐車場には平日にもかかわらず、沢山の車がいた。
yachiyo

古代米250g400円
おから一袋(大)31円(相場?)、青唐辛子50円(相場198円)
バジル一袋(大)131円(相場400円)、茄子100円(相場198円)
胡瓜5本100円(相場150円)etc

ロケット買うの忘れてた・・・

帰りについでに道の駅やちよにも寄る。
yachiyo

平日ゆえ品数がかなり少ない。土日の活気はどこへやら。

いつも買うジャガイモを物色。
ねっとり濃厚な味のとうや(洞爺)、
粉質のきたあかりなどがあるが、
何と、レッドムーン発見。

いずれも北海道原産だが、レッドムーンは北海道でも希少。
もちろんスーパーや近所の八百屋では見たことがない。
もちろん購入。

今日は古代米を買ったので、ついでにここで、ひえ&あわ、も購入。
胃腸のお掃除に良い刺身蒟蒻も購入。

銚子ツーリング

生まれて初めての銚子です。

鎌ヶ谷から北総線沿いの464を東に。この道は快適なんです。
千葉NTを過ぎ、そこから木下へ北上し、利根川沿いを下ります。
この道も快適。まるで有料道路です。まさに優良道路。

途中佐原へ寄って小江戸を楽しむも良し。
(どっちの料理ショー特選素材のごま油が油茂製油で売ってます)
川の向こうの有料道路を通って、北から銚子に入るも良し。

ツーリングマップルを見て久六に入る。キンメ漬丼が美味いらしい。
久六
千葉県銚子市新生町1-36-49
0479-22-1038
火曜定休

しかし私はキンメ漬け定食1,850円に。
金目

これが美味すぎ。接客のおばちゃんも丁重。
※ご飯のおかわり無料

ここ最近でこれだけの感動を得たことがない。
舌が肥えてないと言われるのやら、舌が肥え過ぎと言われるのやら。

久六での感動を後に、
次にポートタワーにあるウオッセ21へ。
千葉県銚子市川口町2-6529-34
0479-25-4500
ウオッセ1

キンメ小×10で300円
ウオッセ2

真サバ×3で300円
ウオッセ3

マグロ1,200円

安すぎる。
黄肌マグロ丸ごと一本で2,000円ちょい。
特大磯牡蠣5個1,000円。

中でもウオッセのお勧めは帰ってから食したコレ。
その日の夕飯

蛤の吸い物と焼蛤に椎茸の自家製糠付に加えてこのメイン。
銚子漬。味醂干しに近い味なのだが、干してない生。
これが激美味。秋刀魚、鯖、鰯とどれも美味い。
キッチンライフ銚子東洋で買えます。郵送可。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。